先輩の声

VOICE

既に勤務されている先輩方のインタビューです

no image

歯科衛生士・Mさん

最初に歯科衛生士になろうと思ったのはどんなことがきっかけでしたか?

もともと医療に関わっていきたい、将来のことを考え資格を取りたいと考えていたからです。資格を取ることで自信もつきますし、 専門的な勉強も続けられるので、歯科衛生士になって本当に良かったと思います。
歯科衛生士は国家資格ということもあり、患者さんから信頼してもらえますし、「口の状態を教えていただいてありがとう」と言われる時などに、なってよかったと実感します。
子供を産んでパート復帰するときに、また歯科衛生士として働けることも大きな理由です。

平山デンタルクリニックをなぜ職場として選ばれましたか?

子育てママとして働くところを探していましたが、数ある求人情報でも、子育てママとして慟ける所は少ないと感じました。

実は、初めは歯科衛生士としてブランクもあり、子育てママとしての復帰は諦めていました。
復帰にためらう一番の理由が、子供のことで休むことが気がかりな事です。以前の勤務先でも、まだ子供が赤ちゃんのときに保育園から電話あって、急なトラブルで対応しなければならない事がありました。

そんな中、院長先生自身が子育てを経験されているとホームページに書かれていて、医院にも子育てママや女性に関しての情報が豊冨で魅力的に感じてました。

そして、当院ではシフトは土曜日と日曜日も診療していますので、人が休みの時に合せて勤務させていただき、休むことなく勤務できる環境を与えてくださいました。事前の保育園の行事なども聞いていだき配慮してもらえるので、仕事中は家のことを考えずに仕事に集中でき、 担当制で予防歯科に入る時も責任を持って集中できます。

先生方や歯科衛生士たち、受付さんにサポートして頂き、シフトの特殊な入り方も、実現できていることに、大変感謝しております。他の歯科医院だと復帰は叶わなかったと思います。

ブランクがあり不安でしたが、平山デンタルクリニックはシステムやマニュアルがあり、安心しました。大量のデータをUSBに入れていただけますので、一つ一つ全てを質問する手間がかかりません。

どんな時に歯科衛生士としてやりがいを感じますか?

歯科衛生士に必要な外部セミナーも、主婦にとっては時間の融通が利かないことが気がかりでした。
しかし、当院は、院内でドクター直々にセミナ一を設けていだだけるので、本当にありがたいです。
例えば、先生が行かれたセミナーのDVDを先流し、そこからディスカッション形式で勉強会を受ける事ができます。
また先輩歯科衛生士さんが外部セミナーで得た技術を、勉強会や実技実習で教えていただけますので、昔の癖を気づけたり、最新の知識を得ることができ、本当にありがたい環境で嬉しい日々です。
専門学校のときに習った知識より、技術や器具も新しいものが頭に入ってくるので、それがやりがいにも繋がっています。

現在歯科衛生士として目標としていることは何ですか?

歯のクリーニングは、患者様はよく「気持ちよく、痛くない」を望まれますが、クリーニング以前の歯周病に罹患してる方への対応方法を磨いていきたいと感じています。

歯周病治療の必要性や結果を、患者さまと共有し満足してもらい、平山デンタルクリニックに来てよかった、長く通いたい、家族も連れてきたい、と思っていただけることを目標にしています。

目標に対して、平山デンタルクリニックに専念できる環境はありますか?

他の歯医者だと、器具は「ここに置いているので好きにつかってください」というような形で、共用ということもありますが、当院では、パートの私にも、最新の新品のキュレットを数多く提供していただいています。とてもありがたく、期待に応えられるよう努めてまいりたいと考えています。

今は子育てや体調によって、しんどいなという時期もあります。そのときはシフトを調整させてもらえ、やる気スイッチが入った時は沢山シフト入れてもらえたりと調整が効きますので、自分のモチベーションも保つことができています。
子供が大きくなるにつれて勤務時間も増やしていければと考えています。

これから歯科衛生士を目指す方に対してメッセージをどうぞ。

歯科衛生士は患者さんを健康にする仕事なので、「ありがとう」と言って貰える仕事です。本当に良い仕事だと思います。
その分、クレームが他のところであったという話を聞くと、より気をつけなければいけないと思い、その課題に対して準備をしてます。