先輩の声

VOICE

既に勤務されている先輩方のインタビューです

歯科医師・Sさん

平山デンタルクリニックにはどのような成長できる環境がありますか?

色々とありますが、特に考える力を身につけさせてくれる場所だと感じています。
例えば症例でわからないことがあっても、そのことに対して、すぐに答えを教えられるのではなく、それに対するヒントをもらい自分で考えることができます。一見厳しようにみえますが、考えることが自分のためになっていると感じています。
将来自分が医院を開業するときに、他に頼ることが厳しくなります。
自分が迷ったとき、自らで答えを導き出すにどのようにすればいいか、ということを学ばせていただいています。

学べる場として、外部勉強会に関して教えてください。

九州で外部勉強会「筒井塾」と言うところへ行かせてもらっています。受講生の中には私よりも圧倒的に経験を積んだ先生もいらっしゃり、院内とまた違った、モチベーションや熱意を身近で感じることができます。
他にもトップクラスの先生がいらっしゃり、様々な角度の意見を聞くことができ、とても刺激を受けています。

院内検討会での意見交換について層の厚さを実感することがありますか?

あります。
特に感じるのが、小児歯科で子供さんをたくさん診ている先生、週にかなりの頻度で往診される先生、最新機器に強い先生など、先生の層の厚さです。
分野ごとにそれぞれ得意な先生がいますので、分からないことがあれば、課題ごとに先生に聞くことができます。

先輩医師に対してどのような印象をもって、どのように関わっていらっしゃいますか?

先輩医師との関係は、部活の後輩先輩という感じです。厳しかったり、叱られたりすることももちろんありますが、仕事が終わってから一緒にご飯に行くこともあります。
私の場合、大学の同期で歯医者歴としては1個下の先生が一緒にいるんですが、その先生には、自分が失敗して叱られたような経験はしないよう、ちょっとコツを教えたりと配慮しています。もちろん経験した方がいい失敗は、経験を優先します。

院内の雰囲気についてどう思われますか?

診療に関して、すごく真面目ですし、その中でも雰囲気はいいと感じます。
完全にON/OFFがはっきりしている病院ですので、仕事に関しては100%全力、休みにたいしても全力です。

どういう課題をもって歯科医師という仕事に向き合っていますか?

常に技術向上、ということを課題にしています。
短期目標は、まだまだ処理速度に課題がありますので、スピードです。
患者さんに迷惑をかけず、しっかり患者さんを大事にしながら、スピードを速めていきたいです。

患者さんに対して心掛けていることはありますか?

治療の内容をいかに患者さんに理解してもらえるか、ということです。
患者さんと分かり合ったうえで、一緒に治療について相談していきたいと考えています。

目標や、技術向上に関して院のスタッフとしてどのようなことを感じていますか?

当院では、自分が学びたい、うまくなりたいという意欲がある人に対して、サポートする体制がとてもあります。
例えば、診療時間外でも院長が症例相談にのったり、実習をしていただけるので、すごくありがたいです。

歯科医師として歯科医療に対してご自身がもつ考えを聞かせてください。

まだ先の話ですが、最終的には、実家を継いで開業したいと考えています。それに向けて、歯科技術を向上することで先輩医師に追いつき、追い越せるような存在になることが目標です。
歯科の分野でも、実際に、治療の勉強の範囲をもっと広げていけると考えていましたが、実際に学んでいくと、ここまで奥が深いものかと、底が知れない深さを感じています。これからも頑張っていきたいと思います。