先輩の声

VOICE

既に勤務されている先輩方のインタビューです

no image

歯科助手・Sさん

最初に歯科助衛生士になろうと思ったのはどんなことがきっかけでしたか?

歯科助手として日ごろ働いていて、やってみたいという気持ちが大きくなってきたことです。
普段私は基本的には受付にいますが、何一つその人の治療に関係していないのに、帰りに「ありがとう」と言われたときに、歯科衛生士になればもっと喜んでいただけるのではないかと考えました。

平山デンタルクリニックで働く歯科衛生士さんにどのような印象をもっていますか?

大変そう、という印象はもちろんあるのですが、患者さんのためになにかできること、コミュニケーションをとれることなど、歯科助手ではできないことをできるところが魅力的で楽しそうに感じます。

平山デンタルクリニックをなぜ職場として選ばれましたか?

求人を見て最初に面接を受けたのが当院でした。ただ面接を受ける前に院の前を通ったこともあり、通勤のし易さも知っていました。
条件も良かったですし、外観の明るい感じも覚えていたので受けてみたいなという気持ちになりました。

実際に職場として選ばれて感じたことはありますか?

一言でいうと自分が想像していた世界とは遥かに違う、大変な仕事だと感じました。
面接のときにも、私のことを考えていただいて「大変ですよ」と重々教えていただいたのですが、その想像を超えていたことを色々な面で感じています。

歯科衛生士になるにあたり、目標や課題にしていくことはありますか?

学校で技術面を学んだ上で、患者さんと会話できる力を持ちたいです。人間的にも、もう一度あの人に会いたいと思っていただいたり、来ていただけるような歯科衛生士を目指しています。

候補生制度を利用するにあたり、不安に感じていることはありますか?

生活リズムについて不安に感じていますが、やるしかないと考えています。

候補生制度に対して考えていることはありますか?

候補者制度は、がんばろうという意思がある人には、絶対にできるきっかけになると思います。
色々な面でつらいことや、不安なことがあっても、同じ考えの仲間と一緒に勉強していければうれしいです。

これから候補生制度を使う方と接するときに心掛けたいことはありますか?

きっとみなさん、やる気をもって来られると思うのですが、実際やってみると落ち込むことも多いと思います。
私たちがしっかりサポートし励まして、できる限り楽しくやっていきたいと思います。